sorry, this page is written only in Japanese.
since: 2000/06/20
さらに前へ(39)<< >>(41)さらに次へ
5.1.0 15/11/07 10:40:23: app frameworkに移行しました 5.0.0 15/11/02 09:44:58: Pyramidに移行しました 4.0.2 10/02/23 17:24:58: UTF-8に移行しました 4.0.1 09/09/06 22:16:18: タイトルを整形しなおす. 4.0.0 08/07/23 22:00:25: ステレオ天国3 完成。やっとこ形になりました 3.16.2 08/06/09 00:12:57: Firefox pluginでZopeにリクエストする方法を記載しました。 3.16.2 07/11/12 00:16:29: ShowUpdate.pyをReSTに対応させました. 3.16.1 07/09/24 14:44:57: ver4.1) ポップアップ表示を作成する 3.16.0 07/09/10 23:59:16: RSSの記事追加 3.16.0 07/09/08 23:35:06: Wine+vrd.exeの記事追加 3.16.0 07/08/27 00:14:55: Yi-chang 3.16.0 07/08/26 22:02:29: RSSが表示されなくなっている問題を修正

3D Printer: tabletホルダー(の部品)

  • 8"キーボード付きtabletカバーにtablet 7inchを固定するホルダー

  • カバーの寸法図って作ったけど、カバーを挟む部分が狭かった。

    そのため、うれしい誤算で、入れるのに力はいるが ネジ止めしなくても位置を固定できた。


3D Printer: 傘の柄

  • これぐらいのカーブならサポートしなくても大丈夫...と思う
  • 下の土台とヘッドがぶつかって、変な形になったけど、自分で使うから気にしない。

Tablet3: Intel-next と T100用、 Linuxium の kernel を試して、ext3fsを修正

  • Linuxium 4.9.0-11 を試す ... 追記

  • Linuxium 4.8.0-26 を試す

    mmc:

    x 動かない (4.8.0: 差し直すと kernel 刺さる)

    xrandr:

    x 動かない

    backlight:

    x 動かない

    battery:
    • i2c-toolsでなんとか動いてる (axp288は認識するけどbattery表示なし
    audio:

    x hdmi audio は出てますが...aplay -lでは反応なし

    SDHCI:

    x 動かない (4.9.0/4.8.0 エラーはでてない)

    ACPI:

    x 動かない (いろいろopenエラーは出てる)

  • Linux 4.9.5 に更新 ... あまり変化ないです

  • Intel-drm-nightly Linux 4.10.0.997 に更新 ... あまり変化ないです

  • Intel-drm-next Linux 4.10.0.994 に更新 ... あまり変化ないです

  • Intel-drm-next Linux 4.9.0 に更新 ... あまり変化ないです

    mmc:x やっぱうごいてない (差し直すと反応はするけど)
    xrandr:x 動かない
    backlight:x 動かない (backlight=vendorも、 Xorg.conf:Backlight-"intel" もx)
    battery:x 動かない
    audio:x 動かない
    SDHCI:x 動かない ( ??? i2c_acquire で止まってる)
  • T100用 Linux 4.7.2+ に更新

    mmc:o MMC差し直すと動く (最初から刺してると動かない)
    xrandr:x 動かない
    backlight:x 動かない
    battery:x 動かない
    audio:x 動かない
    SDHCI:x 動いてるけど、エラー (/sysにファイルが作れないみたい)
  • / を ext3 -> ext4 にして、 journal なしに変更

  • こないだアップデートしたら Lubuntu の grub が ちゃんと動くようになったので、 /etc/default/grub を修正


udev: Bluetooth Keyboardが接続されたらxmodmapする

  1. udev に bluetooth keyboard が接続された時の rule を追加
    (rule から、 shell script を起動する)
  2. xmodmap を起動する shell script を作る

考察

  • udevでは、 userがroot

    • XWindowにログイン中のユーザ調べて 全員に sudo で何か渡した方がいいのかも (Linuxの通知システムにいいのがあるのかもしれないけど...
    • スクリプト内で HOME などの環境変数は使えないです。
  • 今回のruleでは、何回も script が実行される。
    下のような grep で対処したけど、ほんとは rule に書くのがいいんでしょう:

    elif echo $1 | grep -v -e 'hidraw[0-9]$' > /dev/null; then
    

出来上がった設定ファイルの例は本文をみてください。


arm-box: Scishon 88 TVBOX server(3台目)

  • 安かったので、購入
  • 2016/8/19 購入、入手は8/31
  • ゲームがちょこちょこできるので、OS入替えとかは特に考えてない
CPU:Rockchip 8166
Mem:1GB
Storage:16GB eMMC
Keyboard:なし
Weight:???g
Monitor:なし HDMI (1920x1080i)
Battery:????mAh
I/F 1:SD slot
I/F 2:USB x4

本文なし


Tablet3: モバイル(8台目)

  • 安かったので、連続してTabletを入手した。
  • 2016/8/19 購入、入手は8/31
  • 最初は、最近、mingw/cygwinと悪戦苦闘ばっかりしているので、 こっちの安いtabletはLinuxで運用しようと決意 (9/9)
  • 次第に、値段が値段だし、壊してもいいか、と言う感じになり eMMCにLinuxインストール。Windowsももう消しちゃおうかな... (9/18)
  • 次に、USBにBTドングルつけると、 keyboardとPANが使えるので結構いいかも? という感じ (9/26)
  • 容量不足が気になったので、Windowsパーティションも消しちゃった (10/17)
CPU:Atom Z8300 CherryTrail
Mem:2GB
Storage:32GB eMMC
Keyboard:なし、USB-GASIA
Mouse:gslx-680 touch panel
Weight:???g
Monitor:7" (1280x800)
Battery:????mAh
I/F 1:TF slot
I/F 2:MicroUSB x1
I/F 3:USB x1

msys: minttyをtmuxで起動する(2)

先に作った(1) ですが オプション "-mingw64" と "-msys" が効かなくて困ったので修正


msys: minttyをtmuxで起動する

mintty起動してからtmuxを毎回起動するのが面倒になってきたので msysの起動スクリプト( msys2_shell.cmd )を改変してみます。

最初に msys2_shell.cmd をコピーして msys2_tmux.cmd という名前にしました。 これを個人のhomeフォルダに置きました (version管理したかったので)

改変ポイント1(optional):

@echo off
setlocal

set "WD=%__CD__%"
if NOT EXIST "%WD%msys-2.0.dll" set "WD=%~dp0usr\bin\"
if NOT EXIST "%WD%msys-2.0.dll" set "WD=c:\app\msys64\usr\bin\"

改変ポイント2:

:startsh
rem 7. work fine
start "%CONTITLE%" "%WD%mintty" -c "c:\Users\shinji\.minttyrc" -i /msys2.ico /usr/bin/tmux.exe -f "%USERPROFILE%\.tmux.conf" -c "/usr/bin/bash --login"
goto startsh_end

:startsh_end
exit /b %ERRORLEVEL%

改変ポイント3 ショートカットはこんな感じで書きます

command:cmd /c c:pathtomsys2_tmux.cmd -here
work directory:起動したいディレクトリ。私は c:\src と書きました。

vim: statusline

手持ちの環境で最近 column がstatuslineに出力されていなかった。

なんで消えてたかは不明でしたが...

ここを参考に調整

結果はこんな感じ:

set statusline=%F%m%r%h%w\%=[T:%Y,%{&ff},%{&fenc}]%l/%L,%2v

utf-8とかunixとかは、頭文字や略称だけにしたいなーとか考えたけど...

スクリプト組めばいけそうではあるな...


msys: sudo/ lnを使う

Windowsの運用で気になることがまた2つ。

  1. sudoがしたい
  2. lnが普通のコピーで運用される。

これらが使いにくい。

lnは実行してリンクと思ってたら 実際には実体が別になってましたー、とか、ちょっと混乱します。

sudoはどうなんだろう、ln以外には使わないけど...


Tablet2: SDcard選定

TabletのSDcardスロットですが、 64GB SDXCを購入するもなんだかプチフリみたいな現象が頻発しました。

32GBのUHS-Iを購入しても同じ...


vim: Pythonのエラー出力に対応

最近、':mak test' でpythonのUnittestを使うようになりました。

でも、vimのquickfixにはpythonのエラー出力がうまく反映されません。

vimの設定を変更して修正します。:

set errorformat

PY4A: Python2 を2.7.12にupdate

放置していたので、update

  • Android NDK を r10e に upgrade ( r13b はgcc含まないので見送り)
  • r10e でツール名が i686-pc-linux-android -> i686-linux-android (libffi)
  • PREFIX, EXE_PREFIX, VPATH が必要になっていた (getpath.c)

msys: bash-completionが遅い...

VMWare: Tabletで運用する <!-- {{{1 --> でいろいろトラブルを書きましたが、 Windowsの運用で気になることが一つ。

bash-completionが遅くてたまらない。

一つのファイルを選択するのに20秒ぐらいかかります。

数字は計測してくれた人のログ見てます

t-takataさん の記述を見て以下を適用したら治りました。

(追記)...と思ったらpasswdのシェルがひけなくなったのか、 minttyが起動しなくなりました...passwdの方はdbを有効にしてみました。 速度は...早くなってる、たぶん。

(追記2) 手動で/etc/passwd, groupを作ってからやらないとだめでした。:

--- /etc/nsswitch.conf.org
+++ /etc/nsswitch.conf
@@ -1,7 +1,7 @@
 # Begin /etc/nsswitch.conf

-passwd: files db
+passwd: files #db
group: files db

dbってどうやって、何が動いてるんだろう...

説明は斜め読みしたのでよくわからんす


VMWare: msysからnetwork interfaceをon/offする

VMWare: Tabletで運用する <!-- {{{1 --> でいろいろトラブルを書きましたが、 VMWareがinterfaceを2つも増やしてるので route情報が気になったりします。

仮想マシン立ち上げてないのに interfaceだけあるのも気になることもあるし。

LS-VL 10: DHCP導入

うちのルータが問題あるせいか 違うデバイスなのに同じIPが割当てられて、 ネットワークにつなげなくなることがしばしばあった。

持っているルータが同じIPでMACアドレス違いは、 中継を拒否するようになってたんですよね。

同じIPが割り当てられないように固定IPを設定しよう...

と思ったら、うちのルータは固定IPが設定できるのは 5台までという制限があった...

ルータに頼るのはやめるしかなさそうです。

無線LANのブリッジまでLS-VLに構築しているので 次はそのサーバにDHCPの構築をします。


VMWare: Tabletで運用する

Tablet2: モバイル(7台目) でVMWareの感想書いてるのか、 tabletの感想を書いているのかわからなくなってきたので、 VMWareの設定は分けて書くことにしました

ひさびさにWindowsのPC(Tablet)を手に入れたけど 開発はどうしてもLinuxがいい...となっちゃうので VMWareにLinuxをインストールして運用します。

TabletにLinuxを入れないのは 安物ハードウェアはLinuxでロクに動かないので。

SDIOのWifiとか、CherryTrailのpower managementとかとか

仕事でちょっと使ったことはあるけど... うまくいくでしょうか。


Tablet2: モバイル(7台目)

  • 2年ぶりにTabletを新調した。
  • 2016/1/29 購入、入手は...
  • specとお値段のバランスがよかったので購入決定
  • Androidの運用は、XWindowsが重くて耐えられなかった。
    • X SDLはなかなかよかったが、やはりJava-SDLだと重かった...
    • TortoiseHGが常用できてればもう少しよかったかもしれない...
  • Androidのキーボード運用は、IMEが耐えられなかった。
    • 候補がでてくる度に画面が動いたり...
  • VMWareを使ってLinuxを運用する VMWare: Tabletで運用する <!-- {{{1 -->

vim: TODO管理を考える


PY4A: OpenSSLを1.0.2dにupdate

HTTPSが使えないという方がいらっしゃったので
OpenSSL周りを疑ってアップグレードしました。

でも、結局のところはバージョンが低いのが直接の原因ではないみたいで、
認証ファイルがないことが問題のようです。


pyramidでサイト更新してみた所感

いまどきブログとか使わず自分でサイトを作っています。

今回、ツールとしてZopeからpyramidに移ったので 所感を書いておきます。

サイトの作り方は今までどおり下のような手順です。

  1. ローカルの動的なサイトを作る
  2. wgetみたいなスクリプトで一旦ローカルに保存
  3. bitbucketにpush